結婚の身元調査

結婚後のホームシック

7年前、職場の先輩が結婚をしました。先輩が結婚をして一番困ったこと。それはホームシック。

 

33年間実家ぐらしで、実家大好きだった先輩が、初めて家を出たのが結婚。大好きな彼氏が旦那様になり、楽しいはずなんだけど、夜になるとお母さんの顔を思い出して泣いたという。30歳を過ぎた大人が?と思われるかもしれないが、私のまわりの実家ぐらしの友人たちの中では、よく聞いた話でした。

 

私が結婚しても同じようになるのかな?

 

そう考えました。そう考えると少し不安でした。

 

そして二年後、私は結婚しました。

 

実は私も実家ぐらし。結婚して初めてのマンションぐらし。いやあ、ラクチンでした。ホームシックなんてこの5年一度もかからないです。なんでだろう?と考えてみてわかりました。

 

私の実家は全国的にみると、比較的都心部に近いですが、ものすごく田舎です。そうです。奈良の山奥なのです。バスに乗らないと行けない場所で、免許のない私は終バスに乗るために、飲みに行っても9時台には「お先に失礼」って感じでした。どうして免許がないかというと、4人姉妹の末っ子で、両親には「危ない危ない」と言われ、免許をとらせてもらえませんでした。

 

そうです。箱入り娘だったのです。

 

結婚して都心部に住み、門限はないわ、男性(夫ですが)と飲みにいって深夜になっても誰もおこらない。結婚サイコーでした。

 

というわけで、独身時代厳しい家で過ごしたおかげで、結婚して5年経った今でも離婚したいなんて思ったことないのは当たり前、実家に帰りたいとも思いません。「親不孝な娘だわ。」と母に愚痴を言われたりしますが、それも電話越し。
なかなか良いですよ、結婚。